月別アーカイブ: 2016年12月

12月にアメリカの利上げは行われそう、新興国通貨への影響は

最近ではパソコンだけではなく、スマホアプリでFXをされる方もだんだん増えてきたようです。
私はパソコンを持ってないのですがチャートを見たい!と思って色んな会社からFXアプリをダウンロードしてみましたが、本当にシンプルで最低限のテクニカルしか無いようなものばかりで正直うーんという感じでした(笑)

しかしあるblogで海外のFXアプリが紹介されており、その内容もパソコンのチャートと比較しても遜色ないレベルのものでした。
ちなみに「T.Intercepter」というアプリなのですが私の大好きな「トレンドライン」が引けるので大変重宝しております(Android使用者なのでiOSは分からなくてすみません)

あらゆるテクニカルを網羅しており、分割画面もあるので複数の時間軸での監視も可能ですし時間足を変えてもラインやテクニカルがきちんと残っているので非常に使いやすいです。
もちろん無料ですし登録する際は英語ばかりなので戸惑う方もいらっしゃるかも知れませんが、登録方法もネットで検索すれば丁寧に紹介してくれてるサイトもあるので是非使ってみて欲しいです。
ネットでFXアプリを検索しても大手のアプリしか出てこないので、なかなかこのアプリと出会う確率はやや低めかと思いますがもしこの記事を読んで興味を持たれた方は一度お試しくださいね。

なんとなんと最大レバレッジ888倍という驚異のハイレバトレードが可能に!
さらには米ドル円1銭~という業界でも最狭レベルのスプレッドを提供中!

アメリカの雇用統計の数字が良かったことで、2015年12月に利上げの方向に傾いているという報道が出てきています。
アメリカにおける完全雇用といっていい目安が失業率が5%らしいです。
リーマンショックで利下げをしていましたが景気も回復したということで利上げを検討しているということです。アメリカが利上げをするとドルが強くなります。
ということはドルが上がるということなのですが、他の通貨が弱くなります。

その影響を強く受けるのは新興国通貨と言われています。スワップポイントが高い通貨は基本新興国通貨です。
アフリカランドや、トルコリラなんかがそうです。
これら通貨は中国の株価下落の激しかった7月、8月にも大きく下落しています。
この時はアメリカの利上げも重なる総悲観の状態になっていたために大きく下落したのだと考えられます。

利上げ自体は2015年6月あたりから、可能性があるとの報道が出ていました。いろいろありましたが12月の動きをみて、新興国通貨の買いを考えたほうがよさそうです。

スキャルピングの取引スタイルでFXを始めて約3ヶ月がたち、なかなか勝てずに「裁量トレードが自分に向いていないのでは」と感じはじめたある日、インターネットの広告で、インヴァスト証券の「シストレ24」というツールがあることを知りました。
調べてみると 
1.いろいろな人がこのシストレ24で大もうけしているらしいということ
2.ストテラジーを選べば後は自動売買をしてくれるということ
3.取引も1000通貨からできるということ(初期投資がそんなにかからない)など
いいことづくめで、そのときの自分にとってはまさにうってつけのツールでした。

そこで裁量トレードをしばらく休み、資金10万円でシストレ24の運用を開始しました。
マニュアルに従い、通貨ペアは米ドル/円とユーロ/円、豪ドル/円の3ペアに絞り、好調なストテラジーを選んで取引を始めました。
ところがストテラジーがエントリーし自動の取引が始まると、一刻一刻変わっていく状況が気が気でありません。
「ほったらかしで儲かる」が売りのツールなのに、いつしか可能な限りずっとパソコンの画面とにらめっこをしている自分がいました。
そして、とうとう手をだすようになってしまったんです。
手動決済です。
とにかくストテラジーが行う自動売買が信じられないんですね。
少しでも損がでたらすぐ決済、少しでも利益がでたらすぐ利確です。
だけど、後で検証してみると、そのままほおっておけば勝っていたことが多いんです。

これが。
その後、ストテラジーを何回も変えてトライするのですが、手動決済してしまう自分を改められず、結局、3ヶ月運用して2万円負けたところで手を引くはめになりました。
自動売買といってもこれを使うのは人間であり、勝つコツはどこまで信頼できるかである、というのは人間関係と同じですね(笑)